石丸伸二のwiki経歴&学歴!銀行員時代のエピソードが凄すぎる!

石丸伸二のwiki経歴&学歴

スポンサーリンク

第4代広島県安芸高田市長を務める『石丸伸二』さん。

彼の経歴と学歴、そして過去の銀行員時代のエピソードが凄い!と話題になっているようです。

今回は、石丸伸二さんの経歴&学歴に迫っていきますので最後までよろしくお願いします。

スポンサーリンク
目次

石丸伸二の経歴を紹介!

石丸伸二さんの経歴は、

  • 2006年 東京三菱UFJ入行。姫路支店に配属。
  • 2014年 為替アナリストとして子会社の初代ニューヨーク駐在員として赴任。
  • 以降4年半にわたってアメリカ大陸の主要9か国25都市で活動。
  • 2020年7月、を退職東京三菱UFJ。政治の道へ。

となります。

※為替アナリストとは、幅広い情報を調査・分析して金融の将来予測をするスペシャリストです。

為替アナリストには、銀行員でもかなり優秀で限られた人しかなれない非常に難しい役職な様です。

前職の銀行員の時から、石井伸二さんは優秀だったようですね!

銀行員時代のエピソードは?

①NY駐在時通勤手段はキックボード

今は自転車で通勤していますが、NY駐在時の通勤手段はキックボードだった様です。

市長室に飾ってあるキックボードを楽しそうに乗っている石丸伸二さんが印象的でした。

②過労死寸前まで働きまくっていた

NY駐在時は、仕事がキツ過ぎて『これはそろそろ死ぬかな…』と思うくらい体力的にしんどかったそうです。

当時使っていたネームプレートを市長室に置き、それを見る度にNY駐在時のきつかった時のことを思い出し

『まだいける!』と奮起しているそうです!

③銀行員時代の働き方

石丸伸二さんは銀行員時代、『上司が部下たちの方に視線を向けた瞬間、2、3人が直ぐに駆け寄り、上司の質問や話しに間髪を入れず答えていた』と話しています。

超一流の人の働き方は、なんとも凄いですね!

さらに銀行員は、

  • 窓口を閉めて1円でも計算が合わなければやり直し。
  • 書類がなくなればシュレッダーから拾い集めて復元。
  • 顧客との面談は徹底して記録化。

『信用を商売にしているのでこれくらい当然』、『政治家もこうあるべき』と、意見しています。

これだけしっかり仕事をしていた人だから市民から支持される働き方が出来るんですね!

石丸伸二の学歴を紹介!

石丸伸二の出身小学校

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次